中国関連書籍情報 中国 留学 天津 生活 終了後、弾丸旅行記

HSK楽々合格法をはじめ、グルメ、マッサージ、華流エンタメ、C-POP、カラオケ、史跡・観光スポットなど天津生活をより充実するための情報、更に中国各地への旅行、世界遺産などを紹介しています。

ホーム > カテゴリー - 中国関連書籍情報

「日中対決」がなぜ必要か 中国・建国以来の真実と影


「日中対決」がなぜ必要か

著者: 中嶋嶺雄 /石平
出版社: PHPパブリッシング /PHP研究所
サイズ: 単行本
ページ数: 221p
発行年月: 2009年10月


【内容紹介】

建国六〇周年を迎えた中国。過去六〇年間の中国の歩みを振り返って見ると、
その前半は「毛沢東思想」によって<貧困のユートピア>を求めた時代であった。
その後半は「小平理論」による<改革・開放>の時代であるといえる。
しかし、どの時代においても流血を伴う悲劇があったことを見れば、
中国共産党は「国づくり」に成功したとは言い難い。

一方、経済の発展と社会の安定成熟という国づくりに成功した日本が、
最近の国際舞台では存在感が希薄になり、中国の陰に見え隠れするといった存在に
なっているとすれば、それはひとえにわが国の政治の貧困と外交戦略の欠如のためである。

日本は今こそ中国と「対決」しつつ、アジアの同盟国として時にはアメリカを説得し、
ヨーロッパや太平洋地域の民主主義国とともに、
リーダー国としての責任を果たしてゆかなければならない。
中国の歴史と現在、未来、そしてあるべき「日中関係」の姿を、
中国研究の第一人者が洞察する。


【目次】(「BOOK」データベースより)

第1章 近代史から見た「共産中国」の生い立ち/
第2章 毛沢東はどのような国をつくったのか/
第3章 文化大革命とは何だったのか/
第4章 〓(とう)小平改革と〓(とう)小平時代の光と影/
第5章 「成長と繁栄の時代」の始まりと終焉/
第6章 中国のこれからと「中国危機」の難題/
第7章 日本よ、真の架け橋に向けての対決を


【著者情報】(「BOOK」データベースより)

中嶋嶺雄(ナカジマミネオ)
国際社会学者。国際教養大学理事長・学長。1936年長野県松本市生まれ。
東京外国語大学中国科卒業。東京大学大学院国際関係論課程修了。
東京大学社会学博士。専攻は国際関係論・現代中国学・アジア地域研究。
東京外国語大学教授を経て、1995~2001年東京外国語大学学長。
1998~2006年アジア太平洋大学交流機構(UMAP)国際事務総長。
2003年第19回正論大賞受賞。
『北京烈烈』(講談社学術文庫)でサントリー学芸賞受賞


石平(セキヘイ)
1962年、中国四川省生まれ。北京大学哲学部を卒業。
1988年に来日。神戸大学文化学研究科博士課程修了。
現在、民間研究機関勤務。
2002年に『なぜ中国人は日本人を憎むのか』(PHP研究所)を著し、
中国における反日感情の高まりについて先見的な警告を発して以来、
評論活動に入る
(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)




[ 2009/11/23 23:10 ] 中国関連書籍情報 | TB(0) | CM(2)

あと5年で中国が世界を制覇する


あと5年で中国が世界を制覇する



著者: 副島隆彦
出版社: ビジネス社
サイズ: 単行本
ページ数: 251p
発行年月: 2009年09月


【内容情報】(「BOOK」データベースより)

2010年末中国が米国債を叩き売る!
大きく復活する中国、衰退するアメリカ…。
来るべき「1ドル=2元=60円」時代に低迷を続ける日本が進むべき道を示す。


【目次】(「BOOK」データベースより)

第1章 脅威の復活を遂げた中国経済の原動力/
第2章 アメリカの衰退、日本の沈下/
第3章 アメリカから中国へ、世界覇権移譲のシナリオ/
第4章 中央アジアの時代が始まった/
第5章 5年後、そして10年後の世界秩序/
第6章 新・世界帝国の時代


【著者情報】(「BOOK」データベースより)

副島隆彦(ソエジマタカヒコ)
1953年5月1日福岡市生まれ。早稲田大学法学部卒業。
外資系銀行員、代々木ゼミナール講師、常葉学園大学教授などを歴任。
政治思想、法制度論、経済分析、社会時事評など多くの分野で評論家として活動。
副島国家戦略研究所(SNSI)を主宰し、日本初の民間人国家戦略家として研究、
執筆、講演活動を精力的に行っている
(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

















メルトダウン金融溶解



売国者たちの末路



日米「振り込め詐欺」大恐慌



暴走する国家恐慌化する世界



金を通して世界を読む


副島隆彦の今こそ金を買う



エコロジーという洗脳



次の超大国は中国だとロックフェラーが決めた(下(「謀略・金融」篇))



仕組まれた昭和史



[ 2009/09/26 10:10 ] 中国関連書籍情報 | TB(0) | CM(1)

日中2000年の不理解


日中2000年の不理解



【内容情報】(「BOOK」データベースより)

近いようで遠い日本と中国の文化の隔たりが思わぬ摩擦を生む。
日中の行き違いを九尾狐の伝承、新美南吉や宮沢賢治の童話、
日本の裸祭りの風習など豊富な事例から描く。
えっ!そうだったんだ。こんなことに中国人は反応するのか。
驚きの日本文化論、登場。


【目次】(「BOOK」データベースより)

第1章 動物を慈しむ文化/
第2章 動物観の違いが文化にも/
第3章 裸の付き合いをする文化/
第4章 「水に流す」文化/
第5章 儒教体系に支えられてきた文化/
第6章 「正義」を求める文化と「自然」を求める文化/
第7章 日本人のアイデンティティー/
終章 2000年の不理解をひもとく試み―日中異文化の視点で


【著者情報】(「BOOK」データベースより)

王敏(ワンミン)
1954年中国河北省承徳市生まれ。大連外国語学院日本語学部卒。
四川外国語学院大学院修了。お茶の水女子大学で博士号。
法政大学国際日本学研究所教授、上海・同済大学客員教授。
中国・優秀翻訳賞、山崎賞、岩手日報文学賞賢治賞
(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

















中国人の日本観



要訳紅楼夢



中国社会事情を知って鍛える中級中国語



日本と中国


日中文化の交差点



芸術がいま地球にできること



中国古典ジョーク集



君子の交わり、小人の交わり



中国人の愛国心



[ 2009/09/23 23:59 ] 中国関連書籍情報 | TB(0) | CM(1)

新総理鳩山由紀夫の宇宙人語録


新総理鳩山由紀夫の宇宙人語録



著者: 鳩山由紀夫研究会
出版社: 双葉社
サイズ: 新書
ページ数: 190p
発行年月: 2009年09月


【内容情報】(「BOOK」データベースより)

日本を背負う民主党初の総理。
すべてがわかる「75のことば」。


【目次】(「BOOK」データベースより)

仰天!宇宙人語録編/
政治家に一喝編/
鳩山ファミリー編/
総理の信条編/
人生いろいろ編/
政権交代選挙編/
国民の不安は尽きない鳩山政権の船出


















民主党解剖



民主党ってこういうことだったのか会議



まるごとわかる!民主党政権



民主党政権



民主党派閥抗争史



米消費拡大と政策の行方/農政対論自民党vs民主党



鳩山家の勉強法新版



鳩山由紀夫のリーダー学



ようこそ「鳩山レストラン」へ











[ 2009/09/18 02:38 ] 中国関連書籍情報 | TB(0) | CM(4)

徹底予測民主党

鳩山氏、衆参両院で第93代首相に指名 民主、社民、国民新連立政権が発足へ
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090916-00000580-san-pol

いよいよ民主党連立政権が発足しましたね。
今後、どうなっていくのでしょうか。




徹底予測民主党 2009年 09月号 [雑誌]


徹底予測 民主党

歴史的政権交代で経済・会社・仕事はこう変わる
歴史的な政権交代が自分の会社や仕事にどう関わり、どんな影響があるのか。
民主党の政権公約(マニフェスト)や幹部らの発言などから、
日本経済の行方、業界地図、日々の仕事から暮らしまで、
自民党政権下とは何が異なり、どう変わるのかを徹底的に見通す。

【1】これから1年、民主党はこう動く
【2】日経ビジネス記者が読む激変業界地図~明暗25業種
【3】浮かぶか沈むか、民主党がカジ取りする日本経済の行方
【4】環境、中国、人事…ビジネスの常識もひっくり返る
【5】今さら聞けない重要キーワード20選





Voice (ボイス) 2009年 09月号 [雑誌]



8月30日、日本の歴史は変わるか。
鳩山由紀夫・民主党代表は、
党人派の首領だった祖父・一郎元総理から学んだ政治信条を吐露する。
さらに、官僚と闘って“強靭な日本”を取り戻すための政権構想を、仔細に述べる。
特集は“アジア10大危機!「60年の平和」が壊れる日”。
経済危機の混乱に紛れ、東アジアで密かに進む歴史的大変動。
金正雲政権が生み出す大量難民、核保有国・北朝鮮のミサイル攻撃、
中国による超軍拡(空母・ミサイル増大とスパイ強化)、
そして、すでにカラッポの在日米軍……。
これから急浮上する深刻な脅威を、 10人のプロが詳しく読み解く。

【特別寄稿】
私の政治哲学~祖父・一郎に学んだ「友愛」という戦いの旗印  鳩山由紀夫
ニューヨークタイムズ紙に要約掲載された鳩山氏の論文です。

【総力特集:アジア10大危機!「60年の平和」が壊れる日】
●急浮上!日本を襲う脅威
(1)?金正雲政権が生む大量難民
(2)「ノドン」は東京に届くか
(3)現実味を増す「米中同盟」
(4)もはやカラッポの在日米軍
(5)中国は米海軍を追い出す!
(6)親日「台湾」いよいよ危うし
(7)韓国“歴代最弱”政権の末路
(8)イラン核開発は阻止できない
(9)日本を餌食にする中国スパイ
(10)自衛官が外地で「戦死」したら?

●核武装なくして日本は滅ぶ~あえてタブーに踏み込んだ8つの理由
●民主党に失望するアメリカ~「反米気分」がオバマの中国傾斜を加速させる


【特集2:民主党は官僚と闘えるか】
●郵政見直しが招く大損害~新政権は国債暴落の引き金を引くか
●役人が噂する“政権自滅”~幹部政治家の功名争いで官邸は大混乱に
●地方分権改革への覚悟を問う   岸 博幸
○農業は強い産業になる~コスト競争力でも中国に勝つこれだけの証拠
  
丹羽宇一郎 対談 伊藤元重
○中国経済・偽りのV字回復~緻密なデータ分析から読み解くバブルの終焉   三橋貴明
○日本文明の進化力~脱石油社会を先駆ける叡智  養老孟司 対談 竹村真一
○グーグル情報革命の崩壊
○民営化で甦った道路公団
○日銀は産業界を苦しめている
○ドトール「幸福提供業」の使命~創業の極意
○話題のテーマに賛否両論!ケータイ持ち込み禁止

[巻頭の言葉]グリーン革命の楽観論
[時代を拓く力]子供心を掴むウィンナー教室



[ 2009/09/16 17:00 ] 中国関連書籍情報 | TB(0) | CM(6)
ヤフオク

Travel



astyle ANAショッピングサイト
楽天トラベル株式会社


FX
楽天トラベル

バンダイチャンネル

バンダイチャンネル