部首のはなし 漢字を解剖する 中国 留学 天津 生活 終了後、弾丸旅行記

HSK楽々合格法をはじめ、グルメ、マッサージ、華流エンタメ、C-POP、カラオケ、史跡・観光スポットなど天津生活をより充実するための情報、更に中国各地への旅行、世界遺産などを紹介しています。

ホーム > 中国関連書籍情報 > 部首のはなし 漢字を解剖する

部首のはなし 漢字を解剖する




部首のはなし 漢字を解剖する




【内容情報】(「BOOK」データベースより)

漢字が誕生して三千年、漢字の字体はさまざまに変化していった。
そのなかで、多くの部首が生まれ、消えていった。
所属する部首を移動したり、部首が分からなくなってしまったものも多い。
漢字を分解してみると、その合理性と矛盾がはじめて見えてくる。
50の部首ごとにたどる楽しい漢字エッセイ。


【著者情報】(「BOOK」データベースより)

阿辻哲次(アツジテツジ)
1951年、大阪府生まれ。京都大学大学院文学研究科博士課程修了。
静岡大学助教授等を経て、現在、京都大学大学院人間・環境学研究科教授。
専攻・中国文化史
(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)








部首のはなし(2) もっと漢字を解剖する




【内容情報】(「BOOK」データベースより)

「匠」と「区」は同じ部首なの?「法」にはなぜサンズイがついている?
とても口に出せない、ある行為を形にした部首とは?
漢字を知るうえで部首の知識は欠かせないが、部首は全部で二百種類以上もある。
「サンズイ」や「手ヘン」など有名なものから「音ヘン」「鼎」など知られざる部首まで、
52の部首について、その成り立ちやその部に属する漢字のエピソードなどを披露。
楽しい部首ワールド第2弾。


【目次】(「BOOK」データベースより)

1画/2画/3画/4画/5画/6画/7画/8画/9画/10画〔ほか〕


【著者情報】(「BOOK」データベースより)


阿辻哲次(アツジテツジ)
1951年、大阪府生まれ。京都大学大学院文学研究科博士課程修了、
静岡大学助教授等を経て、京都大学大学院人間・環境学研究科教授。専攻・中国文化史
(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)





[ 2009/05/27 12:00 ] 中国関連書籍情報 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
ヤフオク

Travel



astyle ANAショッピングサイト
楽天トラベル株式会社


FX
楽天トラベル

バンダイチャンネル

バンダイチャンネル