黄梁夢呂仙祠 邯鄲の夢(邯鄲の枕) 中国 留学 天津 生活 終了後、弾丸旅行記

HSK楽々合格法をはじめ、グルメ、マッサージ、華流エンタメ、C-POP、カラオケ、史跡・観光スポットなど天津生活をより充実するための情報、更に中国各地への旅行、世界遺産などを紹介しています。

ホーム > 河北省 > 黄梁夢呂仙祠 邯鄲の夢(邯鄲の枕)

黄梁夢呂仙祠 邯鄲の夢(邯鄲の枕)

邯郸の夢1

邯鄲といえば、
邯鄲の夢邯鄲の枕)が有名です。

邯鄲の夢とは、
唐の沈既済の小説『枕中記』(ちんちゅうき)の故事の一つ。

趙の時代に「廬生」という若者が人生の目標も定まらぬまま故郷を離れ、
趙の都の邯鄲に赴く。
廬生はそこで呂翁という道士(日本でいう仙人)に出会い、
延々と僅かな田畑を持つだけの自らの身の不平を語った。
するとその道士は夢が叶うという枕を廬生に授ける。
そして廬生はその枕を使ってみると、みるみる出世し嫁も貰い、
時には冤罪で投獄され、名声を求めたことを後悔して自殺しようとしたり、
運よく処罰を免れたり、冤罪が晴らされ信義を取り戻ししたりしながら栄旺栄華を極め、
国王にも就き賢臣の誉れを恣に至る。
子や孫にも恵まれ、幸福な生活を送った。
しかし年齢には勝てず、多くの人々に惜しまれながら眠るように死んだ。
ふと目覚めると、実は最初に呂翁という道士に出会った当日であり、
寝る前に火に掛けた栗粥がまだ煮揚がってさえいなかった。
全ては夢であり束の間の出来事であったのである。
廬生は枕元に居た呂翁に「人生の栄枯盛衰全てを見ました。
先生は私の欲を払ってくださった」と丁寧に礼を言い、故郷へ帰って行った。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%82%AF%E9%84%B2%E3%81%AE%E6%9E%95

邯郸の夢4

黄粱夢呂仙祠は、
宋の時代に
この「邯鄲の夢」の故事を題材に建てられた
道教のお寺です。

でもこの故事は、
仏教の仮観に基づいたもののようですね。

邯郸の夢3

黄粱夢呂仙祠の盧生殿には、
盧生の石彫の臥像があります。
気持ちよさそうに昼寝しているように見えます。

邯郸の夢2

黄粱夢呂仙祠は、
邯鄲市中心地から北方10キロの郊外にあり、
バスで行くこともできますが、
時間がかかるので、
今回はタクシーを利用しました。



黄梁夢呂仙祠
中国河北省邯鄲市邯鄲県御西街
拝観料 30元




楽天トラベル株式会社




[ 2010/02/04 15:00 ] 河北省 | TB(0) | CM(4)
呵呵,这样的地方在邯郸还真是多啊,你可真是不虚此行啊,O(∩_∩)O~
[ 2010/02/04 20:59 ] [ 編集 ]
读史记越来越很有趣吧。
[ 2010/02/04 21:23 ] [ 編集 ]
我很小的时候去过黄粱梦,印象不深,除了睡着的雕像。以为黄粱梦不大,这回去了才知道原来里面东西不少
[ 2010/02/08 00:08 ] [ 編集 ]
黄粱梦也是很有名的故事啊。
但是这次才知道的是这个故事是道教的。
[ 2010/02/28 22:12 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
ヤフオク

Travel



astyle ANAショッピングサイト
楽天トラベル株式会社


FX
楽天トラベル

バンダイチャンネル

バンダイチャンネル