劉少奇在開封陳列館 中国 留学 天津 生活 終了後、弾丸旅行記

HSK楽々合格法をはじめ、グルメ、マッサージ、華流エンタメ、C-POP、カラオケ、史跡・観光スポットなど天津生活をより充実するための情報、更に中国各地への旅行、世界遺産などを紹介しています。

ホーム > 河南省 > 劉少奇在開封陳列館

劉少奇在開封陳列館

劉少奇在開封陳列館1

劉少奇は、
第2代中華人民共和国国家主席などを務めましたが、
文化大革命の中で失脚、
非業の死をとげたことで有名です。

劉少奇在開封陳列館2

失脚後、
1969年10月、
すでに重病中であったのにもかかわらず、
秘密裏に開封に移送され、
最後の27日間をこの館で過ごしたそうです。

小部屋に幽閉され、
治療も許されぬまま放置され、
亡くなったそうです。

見学者は、
自分ひとりだったんですが、
職員にいろいろ質問したら、
詳しく回答してくれました。



劉少奇在開封陳列館
中国河南省開封市北土街10号
電話0378-5988329
参観料 25元





劉少奇の最後の言葉は、
「好在歴史是人民写的」
(幸い歴史というものは人民が語るものだ。)
と言われています。

劉少奇在開封陳列館3

この部屋で亡くなったそうです。
合掌。



遺骨は、
名誉回復後、
遺言により、
夫人の王光美らの家族によって、
中国海軍の艦艇から海に散骨されました。

劉少奇在開封陳列館は、
1994年、
開館されました。






楽天写真館:写真プリント12円




[ 2010/02/07 20:04 ] 河南省 | TB(0) | CM(2)
呵呵,虽说参观者很少显得有些冷清,但是正是因为人少管理员才能有空耐心回答问题,也还不错,O(∩_∩)O~
[ 2010/02/07 20:51 ] [ 編集 ]
对他,周恩来和邓小平很感兴趣,
所以对我来说是很值得研究的陈列馆。
[ 2010/02/07 21:29 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
ヤフオク

Travel



astyle ANAショッピングサイト
楽天トラベル株式会社


FX
楽天トラベル

バンダイチャンネル

バンダイチャンネル