<グーグル撤退>若者を中心に惜しむ声=Gメールなど関連サービスの今後に懸念―中国 中国 留学 天津 生活 終了後、弾丸旅行記

HSK楽々合格法をはじめ、グルメ、マッサージ、華流エンタメ、C-POP、カラオケ、史跡・観光スポットなど天津生活をより充実するための情報、更に中国各地への旅行、世界遺産などを紹介しています。

ホーム > ニュース > <グーグル撤退>若者を中心に惜しむ声=Gメールなど関連サービスの今後に懸念―中国

<グーグル撤退>若者を中心に惜しむ声=Gメールなど関連サービスの今後に懸念―中国







2010年3月23日、ロイター通信は記事「グーグル撤退=若者たちの無念と憤慨」を掲載した。

22日、グーグルは中国本土版サイト「Google.cn」の閉鎖を発表。
ユーザーは以後、香港版の「Google.co.hk」に誘導されることとなった。
中国の検索サイトシェアは百度が過半数を占め首位。
グーグルは2位に過ぎない。
しかし高学歴の若者、とりわけIT関係者の間ではグーグルの人気が高かっただけに、
決定を残念がる声が強い。

25歳のある男性は
「最終的にグーグルのすべてのサービスが利用できなくなるのでは」と不安に感じている。
Gメールやグーグルブックスなど検索以外のサービスも
政府によるアクセス遮断の対象になるのではと懸念する人は多い。
金融業で働く28歳の男性は
「中国政府が検閲問題で妥協するとは思えなかったので、
必然的な結末だったのでしょう。ただ中国にはグーグルが必要です。
(中国本土版サイトの閉鎖は)中国にとって本当に大きな損失です」と話した。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100325-00000030-rcdc-cn







Gメールもアクセス遮断になるかもしれませんね。
あぁ~、やっかいですね。
既にグーグルアドセンス(広告)も、
ちょっとおかしくなってきているんですよね。









[ 2010/03/25 23:59 ] ニュース | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
ヤフオク

Travel



astyle ANAショッピングサイト
楽天トラベル株式会社


FX
楽天トラベル

バンダイチャンネル

バンダイチャンネル