人間力!中国を駆ける男  研修・実習生を通して見る“大国”の実態 中国 留学 天津 生活 終了後、弾丸旅行記

HSK楽々合格法をはじめ、グルメ、マッサージ、華流エンタメ、C-POP、カラオケ、史跡・観光スポットなど天津生活をより充実するための情報、更に中国各地への旅行、世界遺産などを紹介しています。

ホーム > 中国関連書籍情報 > 人間力!中国を駆ける男  研修・実習生を通して見る“大国”の実態

人間力!中国を駆ける男  研修・実習生を通して見る“大国”の実態

人間力!中国を駆ける男
人間力!中国を駆ける男  研修・実習生を通して見る“大国”の実態



【内容情報】(「BOOK」データベースより)

地球人の4人に1人が中国人。
国と国との関係がどんな状態であろうと、
人と人との関係は永遠に続く。
農民の目線でありのままの中国を浮き彫りにする初めての本。
中国人は異邦人というより異星人。
日本の下請けは生かさず殺せの時代。
研修制度の悪用。


【目次】(「BOOK」データベースより)

第1章 “見てきたようなウソ”はいけません―人民の目線で“ありのまま”の中国
(経済“大国”だが“強固”たりえぬ中国/気象情報は“国家機密 ”!?/
“一人っ子政策”と“父系血縁”がバッティング/
ドライで合理的(?)な中国人の人生観/
唐辛子OK、ワサビはダメ―魚を食べ始めた中国人)/

第2章 中国の“私の子供”たち(のどかな風景と人生の原点/
こんなに美味しいものは初めて―紛ミルク!?/
母ちゃん、ゴメン―人間味あふれる“まぶしい瞬間”)/

第3章 磨けば光る―研修制度の効用(喜びと不安の狭間で/
見違えるように成長する研修・技能実習生)/

第4章 人を“疑う”から“信じる”生き方へ(生きた人間を預かる難しさ/
内外を問わず“郷に入れば…”/
中国人研修・技能実習生の指導の在り方/
“文化の違い”で説明できる/
すべては「人間のあり方」に行き着く/
技術移転と“抜き差しならぬ”事情)/

第5章 下請けは“生かさず殺せ”―研修・実習制度を考える
(研修制度の“趣旨よ、もう一度 ”/
お宅は研修生を使っているんだから…/
「新しい移民法を」を考える)


【著者情報】(「BOOK」データベースより)

河守俊行(カワモリトシユキ)
1948年静岡県榛原町生まれ。町立川崎小、中学校卒業。
家が貧しく進学を断念、運送業などの仕事に従事。
1968年個人で埋土造成工事を手がける。
1983年骨材生産販売会社「大三工業」設立。
以後、関連会社を次々と立ち上げ、
静岡県下最大の骨材プラント工場や生コン工場を建設。
90年までに県有数の企業グループに育て上げる。
その一方で中国など外国人研修生を受け入れる活動を推進。
その受け皿として、県内の優良企業60社から成る
「静岡県情報化サポート事業協同組合」を設立。
現在、理事長の職にもある。
また、中国内陸部の貧困地域で学校建設や孤児救済にも尽力している
(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)









[ 2008/12/10 00:32 ] 中国関連書籍情報 | TB(1) | CM(4)
原来作者对公益事业也是很热心啊,我觉得这种精神值得赞扬也很值得推崇!
[ 2008/12/10 13:09 ] [ 編集 ]
我对人与人之间的交流很感兴趣。
[ 2008/12/11 18:17 ] [ 編集 ]
呵呵,这点倒是看出来了,兴趣就是最好的老师,怪不得您在这方面颇有研究的样子啊,佩服佩服,继续加油吧!
[ 2008/12/11 20:31 ] [ 編集 ]
实在是不敢当。
[ 2008/12/13 16:32 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
この記事のトラックバックURL
http://tianjincn.blog55.fc2.com/tb.php/623-dfd262cd

管理人の承認後に表示されます
[2008/12/18 15:27]
ヤフオク

Travel



astyle ANAショッピングサイト
楽天トラベル株式会社


FX
楽天トラベル

バンダイチャンネル

バンダイチャンネル