中国企業が続々と日本進出、流出古美術品の買い戻しに走る―中国メディア 中国 留学 天津 生活 終了後、弾丸旅行記

HSK楽々合格法をはじめ、グルメ、マッサージ、華流エンタメ、C-POP、カラオケ、史跡・観光スポットなど天津生活をより充実するための情報、更に中国各地への旅行、世界遺産などを紹介しています。

ホーム > ニュース > 中国企業が続々と日本進出、流出古美術品の買い戻しに走る―中国メディア

中国企業が続々と日本進出、流出古美術品の買い戻しに走る―中国メディア

2009年3月23日、
中国のコレクターが日本に流出した明・清朝時代の古美術品を買い戻す動きが活発化している。
それらの多くは1900年代初めに清朝の貴族が日本の美術商に売り渡したもの。
今や買い戻しを図る中国企業による「争奪戦」とまで言われるほど、
その人気は高まっている。
中国新聞社が伝えた。

昨年12月、中国の国有企業、
保利集団傘下の北京保利国際オークション有限公司が
日本から買い戻した作品40点を集めた競売を行ったところ、
最も高いもので1187万元(約1億6000万円)の値がついた。
それらは全て清朝末期に宮廷から流出した明・清時代の陶器の名品。
成約率は100%を達成した。

同社は昨年、東京に事務所を開設し、日本での買い戻しを本格化させている。
同事務所の風間治子代表によると、
日本では近年、亡くなったコレクターの家族がコレクションを手放すケースが増えている。
同代表は「日本では美術品の良さを分かる人が年々減っている」と話した。

また、中国の別の大手オークション会社、
中国嘉徳国際オークション有限公司も07年に日本進出を果たした。
同社が今年2月、東京で「中国美術品コンサルティング会」を開催したところ、
予想を上回る150件もの問い合わせが殺到したという。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090323-00000022-rcdc-cn














[ 2009/03/24 01:00 ] ニュース | TB(0) | CM(4)
呵呵,这倒是一个蛮新奇的消息,应该是通过赚取中间的差价获利吧,O(∩_∩)O~
[ 2009/03/24 11:38 ] [ 編集 ]
发展经济的效果会涉及很多方面,
报纸记者的兴趣也会涉及到很多方面。
[ 2009/03/24 14:18 ] [ 編集 ]
确实是这样啊,这样一来读者的视野也会随之扩大的吧,O(∩_∩)O~
[ 2009/03/25 16:31 ] [ 編集 ]
你说得对,没错。
[ 2009/03/25 23:08 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
ヤフオク

Travel



astyle ANAショッピングサイト
楽天トラベル株式会社


FX
楽天トラベル

バンダイチャンネル

バンダイチャンネル