中国の食文化研究(天津編)  中国 留学 天津 生活 終了後、弾丸旅行記

HSK楽々合格法をはじめ、グルメ、マッサージ、華流エンタメ、C-POP、カラオケ、史跡・観光スポットなど天津生活をより充実するための情報、更に中国各地への旅行、世界遺産などを紹介しています。

ホーム > 中国関連書籍情報 > 中国の食文化研究(天津編)

中国の食文化研究(天津編)




中国の食文化研究(天津編)




【内容情報】(「BOOK」データベースより)

天津は陸河海の交通の要衝。
中国料理を、各地方の食文化から解明しようと試みる実学・こだわりの書。
中国の食文化研究第三巻。


【目次】(「BOOK」データベースより)

動乱と政商の街─北京の正面玄関「天津」/
春秋期─天津は渤海に臨む、三角州の中/
天津の「天后宮」門前市の賑わい─「杏仁茶湯」の大道芸で広告塔にされる/
天津でも「塩」が商人の発祥─今も工業用製塩をする長蘆塩田/
明朝宮廷料理が「天津菜」の基となる/
厨師(調理師)が官帽の後に孔雀の羽根飾り─乾隆帝より花〓(ホアリン)を賜った厨師の「宮焼目魚」/
明朝から清朝・中華民国を生き抜いた「八大成飯荘」─中華人民共和国にその終焉を迎えて閉店に追い込まれた/
清朝瓦解の動乱が天津の料理を発展させる─老饕(食通)が厨師に料理を教えた お客様が料理長を育てる/
北京の「〓(ほう)膳飯荘(清朝宮廷料理店)」に伝わる天津菜─近代化されたレストラン登瀛楼飯荘を訪ねる/
日本の「鮎」に似た生態の銀魚─河口の水門設置で絶滅〔ほか〕


【著者情報】(「BOOK」データベースより)

横田文良(ヨコタフミヨシ)
昭和29年生まれ。
現在、辻学園調理製菓専門学校中国料理研究室主任教授

定延健二(サダノブケンジ)
昭和12年生まれ
(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)




[ 2009/04/06 00:08 ] 中国関連書籍情報 | TB(0) | CM(4)
呵呵,今天的主题是天津菜啊,虽说在天津生活的时间也不短了,好像除了狗不理包子之外,印象特别深刻的天津菜不是很多啊,O(∩_∩)O~
[ 2009/04/06 12:54 ] [ 編集 ]
我觉得天津相比北京,上海,广州等等大城市来说,
不仅价格便宜,而且很好吃的餐厅有很多。
[ 2009/04/06 13:01 ] [ 編集 ]
中国的饮食文化确实繁华似锦博大精深,再加上各地域特色美食异彩纷呈,真有让人做研究的价值,这本书出版也能使读者受益匪浅
[ 2009/04/06 22:49 ] [ 編集 ]
因为中国很大,
所以拿中国菜来说各个地方差异很大。
[ 2009/04/07 21:12 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
ヤフオク

Travel



astyle ANAショッピングサイト
楽天トラベル株式会社


FX
楽天トラベル

バンダイチャンネル

バンダイチャンネル