中国語翻訳作法   文の理解から訳出のプロセスまで 中国 留学 天津 生活 終了後、弾丸旅行記

HSK楽々合格法をはじめ、グルメ、マッサージ、華流エンタメ、C-POP、カラオケ、史跡・観光スポットなど天津生活をより充実するための情報、更に中国各地への旅行、世界遺産などを紹介しています。

ホーム > 中国関連書籍情報 > 中国語翻訳作法   文の理解から訳出のプロセスまで

中国語翻訳作法   文の理解から訳出のプロセスまで


中国語翻訳作法



【内容情報】(「BOOK」データベースより)

言語は「正しさ」と「豊かさ」のほかに「らしさ」…
つまり、その言語にとって「自然」と思われる表現が、重要なポイントになります。
より「らしい表現」にたどり着くには、どうすればいいのでしょうか?


【目次】(「BOOK」データベースより)

第1章 話し手と聞き手のお作法論―「ほど良い」会話とは
(ダウンロードvsパスワード―聞き手の作法/
語るに足るものvs足らざるもの―話し手の作法/
道理を語るvs常識を語る―基盤の置き方/
リアルvsラフ―言葉の手渡し方)/

第2章 土瓶蒸しの食べ方作り方―文法書ナナメ読み
(ベルの鳴らし方―動詞にこめられる情報/
土瓶蒸しの料理法―名詞の場合/
おいしい生活―形容詞・形容動詞の場合/
ピッチャーとマウンドとピッチャーマウンド―語用と文用/
大会議と小会議―語のトータルコーディネイト)/

第3章 見えない垣根がそこに!―暗黙のルール再考
(ラストエンペラーではないけれど―品詞という名の垣根/
売り場は売る場所か買う場所か―視点という名の垣根/
リハウスしようか、リロケーションしようか―切り取りという名の垣根/
ウサギとカメはどちらが先に?―情報順という名の垣根/
「長持ち」の秘訣―文の区切りという名の垣根)/

第4章 省略されたり、圧縮されたり。―効果倍増の経済学
(飲んだら飲むぞ ―省略にまつわる四つのパターン/
田中さんって誰?―特定効果 ほか)/

第5章 日本語だっておしゃべりです―日本語のダイエット法
(ぶっちゃけた話、どう訳す?―言い出し語の呪文考察/
話は変わりますが…―文中の接続詞の処理法/
無礼者にならないために―言葉の距離測定法/
ちょっと一服、それとも一息?―ニュアンスへのこだわり/
おあとがよろしいようで―終結に潜むテクニック)


【著者情報】(「BOOK」データベースより)

王浩智(オウコウチ)
1959年中国厦門生まれ。厦門大学外国語学部卒業。
成城大学大学院博士後期課程修了。
現在、ISS通訳研修センター顧問・講師
(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)





[ 2009/04/16 18:00 ] 中国関連書籍情報 | TB(0) | CM(3)
呵呵,这本书真是分门别类,总结得好细致啊,相信会很有用的,O(∩_∩)O~
[ 2009/04/16 22:15 ] [ 編集 ]
这本书的作者是中国人,
日本人跟中国人的观点不一样,
所以对日本人来说很有趣吧。
[ 2009/04/16 22:20 ] [ 編集 ]
确实是啊,这样一来,才可以学到更全面的知识,O(∩_∩)O~
[ 2009/04/17 21:31 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
ヤフオク

Travel



astyle ANAショッピングサイト
楽天トラベル株式会社


FX
楽天トラベル

バンダイチャンネル

バンダイチャンネル